最近、二の腕のブツブツケアのCMが目に入ります。

私も、ひどくはないけど、二の腕のブツブツ・・・できるんですよね。
けっこう、いやなものです。

あれって、なんで出来るんでしょう?

二の腕のブツブツってニキビなの?

二の腕のブツブツが悩み

二の腕のブツブツは、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」と呼ばれる皮膚疾患す。

触ると、ざらざら、ブツブツしていて、見た目にも汚く映るのではないかと悩んでいる女性も多いのでは?
実は、私もその一人。

あのCMが放送されるたびに、ケアしたほうがいいのかな?と思うのですがそのまま・・・。

毛孔性苔癬になりやすい人とは?

毛孔性苔癬(毛孔角化症)は、すごく一般的な皮膚疾患の一つだそうです。

早い人では子供の頃から発症し、小学校高学年の約20%が罹患しているといわれます。
けっこう多いんですね。

最も多いのが思春期で、20代以降は年齢とともに次第に軽減し、30代には自然に消えていく人が多いですが消えない人もたくさんいます。

女性に多いようですが、男性も珍しくないようです。

毛孔性苔癬の健康の健康被害

毛孔性苔癬は良性疾患なので、放置しても健康上、特に重大な問題を引き起こしたり他人に感染するようなことはありません。

でも、外見上気になる人が多いですね。

毛孔性苔癬(毛孔角化症)の原因

毛孔性苔癬(毛孔角化症)が何故できるのか?の根本的な原因は、まだハッキリと分かっていません。
遺伝によるものではないかといわれています。

ぶつぶつした丘疹の中身は角栓で、毛穴周囲の角質が肥厚し毛穴を塞ぐことで丘疹が発生します。
角質以外に、毛穴の中に毛が一緒に詰まっていることもあります。

毛孔性苔癬(毛孔角化症)の自宅でのケアの方法

自宅でできるケアとしては、肥厚した角質を落とし毛穴を引き締める効果のあるビタミンC入りのローションや美容液などを使用するのがオススメ。

二の腕のブツブツでやってはいけないこと

  • 患部をゴシゴシとナイロンタオルなどでこする
  • ニキビのように丘疹を潰して中身を出す
  • 保湿を怠る

ニキビと同じで、擦ったり潰したりすると色素沈着やクレーター状の跡が残る場合があります。
実際、つい触りたくなり、ブツブツをつぶしたりしがちなので、これは気を付けたいですね。

また保湿を怠って肌が乾燥すると、より角化が早まって悪化してしまうので、特に乾燥する季節はしっかりと保湿することが大事。
ここも、ニキビケアと似てますね。

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)の美容外科の処置は?

とある美容皮膚科の治療では、レーザー(フラクショナルCO2レーザー)やローラー(ダーマローラー)などの皮膚を深部から入れ替える治療が行われています。

外用薬やケミカルピーリングは表面的な治療しかできませんが、これらのレーザー治療を数回行うことによって凸凹だった皮膚がツルツルになるといわれているそうです。
ブツブツがひどくて、気になるようでしたら、美容外科に行ってみるのもいいかもしれません。

私の場合、最近、入浴ときの洗顔のついでに、クレイウォッシュ美シーサーで二の腕を洗うようにしています。
ローションなどは、今のところ塗布していませんが、ざらつきが気になっていたのが軽減しました。

なるだけ、ブツブツには触らず、やさしいケアを心がけようと思います。
スポンサードリンク